News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 05日

第5回〜退蔵院ふすま絵プロジェクト 〜

ついこの間まで冬の寒さに打ちひしがれながら重いコートにしがみついていたというのに、春の暖気のおかげで身軽になってきたこの頃。
これも「冬」に未練のかけらもなく早々と見切りをつけ、突然「春」と仲良くなった「季節」のうつろいやすさのおかげである。
まるで女心みたいだなあと思いながら、しかしようやく来たこの春の暖かさに、少々頭を鈍くさせられつつある、4月26日の夜。
僕は妙心寺退蔵院ふすま絵プロジェクトの「絵師」である村林由貴さんの撮影のため妙心寺を訪れた。

妙心寺ふすま絵プロジェクトの概要はこちら→ http://painting.taizoin.com/j/

制作現場に入ると村林さんは居らず、その代わりにふすまに描かれた絵が僕を迎え入れてくれた。
前回も紹介したように、現在制作中のふすまには夏野菜のトマトやきゅうりが描かれている。
前回来た時は鉛筆で下書きされた部分も多かったのだが、この日訪れてみるとしっかりと墨が入り、夏野菜が夏野菜らしく堂々たる存在感を放っていた。
茎を這わせ、葉を広げ、ツルをしならせ、夏の太陽に向かって生命力の限りを尽くしながら伸びる夏野菜達は見ていて本当に爽快な気分になる。
こんなものを描けるなんて村林さんはすごいなあとつくづく思うのである。
「む〜」とふすまを前に唸っていると村林さんが奥の居間から現れた。

「わ!びっくりした!」

突然の僕の姿に驚いたのか、胸に手をあてながら

「来てると思いませんでした〜」

と笑いながら制作現場に入ってくる村林さん。

「ごめんごめん、声はかけたんだけど返事がなかったもんで」

と言い訳をする僕。

「そうなんですか〜、全然聞こえてなかった。でもお久しぶりです」

と村林さんは言いながら畳に座り込んだ。
そして二人してふすまを眺めながらそのまま座談会となった。
この日の晩、村林さんは鉛筆も筆も握る事はなかった。
その代わりに彼女の中に渦巻く、制作にまつわる様々な想いや悩みを吐露してくれた。
静かな春の夜に、彼女の声が響きは溶け、響きは溶けていく。
闇の中に彼女の声が溶けていく分だけ、その闇の中に彼女の像が浮かび上がってくる。
そこには僕がこれまで見てきた才能豊かな25歳の絵師、村林由貴の姿よりも、現状に対し悩み葛藤する至って健全で普通の25歳の彼女の姿があった。
人間の成熟は葛藤の中でしか果たせないと言ったのは内田樹さんだが、今まさに葛藤の渦の中にいる彼女は言い換えれば人間的な成長を成し遂げようとしている最中なのではないだろうか。
僕はこの葛藤を彼女がどのように処理し、自分の中に取り込んでいくのか、そして作品にどのように反映されていくのか、悩みの渦中にいる彼女には申し訳ないのだが、そのことが非常に楽しみでもあり、興味があるのである。

村林さんの話を聞きながら、そんなことを考えつつ、ふすまに描かれた夏野菜に目をやってふと思ったことがある。
それはふすまに描かれた夏野菜の見事なまでの生命力と、今夜の彼女が妙にリンクして見えたということである。
それはきっと生命力の限りを尽くして伸びる夏野菜の姿と、葛藤しながらも何とか前に進んでいく村林さんの姿が本質的に一緒だったからではないだろうか。
夏野菜達だって、勝手にどんどん伸びて成長していっているわけではない。
虫に喰われたり、日照りが続いたり、様々な障害に揉まれながら、葉をどのように広げれば最もよく日光が当たるか、どのような花を開けば虫達が花粉を運んでくれるか、どうすればより多くの実を結ぶ事が出来るか必死で考え、成長していっているわけである。
その「生」に対する懸命さと、村林さんのそれとが見事にマッチングしたのである。

これから彼女はどんな新たな姿を見せてくれるのだろうか。
彼女の結ぶ「実」を楽しみにしたいものだ。


a0236568_12364384.jpg

アトリエのテーブル

a0236568_12365722.jpg

話をする村林さん。夜は更けていく

a0236568_1237949.jpg

夏野菜達のほんの一部


Akihito Yoshida web siteへ戻る
[PR]

by yoshida-akihito | 2012-05-05 12:45 | 退蔵院ふすま絵プロジェクト


<< 第6回〜退蔵院ふすま絵プロジェ...      第4回〜退蔵院ふすま絵プロジェクト〜 >>