News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 27日

退蔵院ふすま絵プロジェクトレポート 職人編 〜序章〜

退蔵院ふすま絵プロジェクトレポート 職人編「序章」

退蔵院襖絵プロジェクトは襖絵を描くことによって文化財を生み出し、芸術家を育成しようというコンセプトのもと始まったプロジェクトだ。
文化財として襖絵を残すという使命がある以上、襖絵に描かれる絵は現代の僕達のみならず、未来の人間達が見た時にも不変の感動を与えられる作品としての強度を持っていなければ文化財としては残っていかないだろう。
そういう意味でこのプロジェクトの「絵師」に選ばれた・村林由貴さんに課せられた使命とその重責たるや計り知れないものがある。

しかし村林さん一人がどんなに力を発揮し、素晴らしい作品を生み出そうとも先ず「襖」それ自体がモノとして残っていかなければ文化財として残していくことはできない。
だからこのプロジェクトでは「襖」から始まり、「墨」「筆」「紙」など襖絵制作に関わる道具たち全てを一流の職人達に制作を依頼し、本気で400年後も残っていく文化財を作ろうとしている。

2013年4月25日に発売となった「芸術新潮」5月号ではライターの近藤雄生さんと共にこれら職人達の仕事に密着し取材を行った「妙心寺退蔵院の襖絵プロジェクトを支える職人達」と題した記事が掲載されている。
今回、この「退蔵院ふすま絵プロジェクトレポート」ではプロジェクトを裏で支える「墨」「襖」「煤」「筆」の職人さん達にスポットを当ててどんな仕事をしているのかを芸術新潮では掲載しきれなかった写真を中心に簡単に紹介したいと思う。
(あくまで簡単にです。詳細は芸術新潮5月号をご覧下さい。ライター近藤さんの綿密な取材に裏打ちされた文章を読めば職人さん達の奥深い世界に詳しく触れられると思います)

ということで、今日はここまで。
本記事は明日から順次公開していきます。
お楽しみに。

[PR]

by yoshida-akihito | 2013-04-27 21:40 | 退蔵院ふすま絵プロジェクト


<< The Japan Times      「芸術新潮」5月号 >>