News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 11日

壽聖院編その1 吉田亮人・撮影レポート「ふすま絵完成前夜」

【はじめに】
今回「ふすま絵レポート・壽聖院編」と題して、妙心寺・壽聖院本堂のふすま絵が完成するまでの軌跡をレポートしていきます。
今回は僕の書いた「撮影レポート」に加え、絵師・村林由貴さんの書いた「村林由貴・制作ノート」が登場します。
ふすま絵制作の過程と舞台裏を撮影者である僕の視点と、制作者本人である村林さんの視点で描き出すことによってより多面的に深く知って頂けるのではないかと思います。
同時にプロジェクトに関わる多くの人達の想いと、それを受け取りながら成長していく村林さんの姿も感じて頂ければと思っています。
ちなみに2人合わせて20のお話を、毎日一つずつ交互にご紹介していく予定です。
初回は僕の「ふすま絵完成前夜」のレポートから出発です。
それでは皆さん、しばしのお付き合いをよろしくお願いします。



※ ※ ※

a0236568_1154277.jpg

深夜、あまりの寝苦しさに目を覚ました。
夜になっても暑さがやわらぐことはなく、生温くて湿った空気が行き場を失って澱んでいる。
あまりにも寝苦しいのでここ最近僕はベッドに入らず、床の上に寝ていた。
ひんやりとした感触が心地良くて床に寝始めたのだが、ここ数日の熱帯夜にそんな小手先の対策が通用するはずもなく、ただただ暑さに完敗する夜が続いていた。

この日も例外になく暑さに叩き起こされた。
湿ったTシャツに気持ち悪さを感じながら時計を見ると8月23日の日付をまたいで24日のちょうど深夜1時を回った所だった。

「あつすぎる・・・・」

小さくそうつぶやいて、携帯を手に取るとメールを一通受信していた。

「吉田さん、わかりました。お互いが許す範囲でお互いいいものを作るためにわたしの提案です。〜中略〜 撮るなら最後まで追って欲しいし、そうでないと伝わらない気がします。ラストスパートを長く見つめるということでお願いします。」

絵師・村林由貴さんからのメールだった。



村林さんが制作している壽聖院・本堂の襖絵。
実はその襖絵完成披露会が8月24日の夕方から予定されていたのだった。
そこに向けて懸命に制作を行ってきた村林さんは遂にその当日を迎えてしまったのだが、まだ完成に至らず徹夜の作業を続けていたのだった。
僕はそんなギリギリの所で制作している村林さんを写真に収めたいと思っていた。

「今日はひとつの区切りとして重要な日だと思うので必ず撮っておきたいのです」

完成披露会前日の8月23日、東京での仕事を終えて急いで京都へ戻ってきた僕はそんなメールを村林さんに送っていた。
それに対して彼女から返信が来た。

「お応えしたいのですが、無理かもです。ほんまに。すみません。〜中略〜 今夜は一人にして下さい。多分、朝までかかりますから・・・。もしいけるようになったら連絡します」

村林さんが完成日を直前に迎えてをかなり緊迫した状況にいることが分かった。
何としても完成に持っていかなければならないプレッシャーを感じながら描き進めていかなければならない彼女の気持ちを押して量ると、それでも写真を撮らせてくれと強引には言えなかった。
しかし、諦めが悪いのは承知の上で僅かな望みを託してメールを送った。

「了解です。今夜は思う存分頑張ってね。でも本心を言えば今日の由貴ちゃんこそ写真に収めたいと思ってます。もし気が変わったら何時でも駆けつけるので遠慮なく言ってね。それじゃ頑張って!」

と、勢い良く送信したはいいものの、負担になったら申し訳ないなあなどと何だかモヤモヤした気持ちを抱えたまま東京から自宅に戻り、夜を迎えた。
今夜も相当暑い。日中蓄えられた熱気がそのままの勢いで僕の身体を包み込む。
さっきシャワーを浴びたばかりなのにもう背中にジトッと汗をかいていた。でもそんなことお構いなしにゴロンと床に体を横たえてそのまま眼を閉じるともう夢の中だった。
8月23日が終わろうとしていた。



8月24日深夜1時。
ふと目を覚まし、村林さんからのメールを見ながら小さく「よし!」とつぶやいている僕がいた。
僅かな願いが村林さんに通じたのだった。そして願いを聞き入れてくれた彼女の優しさに感謝した。
そのメールを読んで僕は大急ぎでカメラを準備して自転車にまたがり、村林さんのいる妙心寺・壽聖院へ向けて深夜の京都を駆けたのだった。



明日は絵師・村林さんの制作ノート「写真家と絵師」をアップします。
お楽しみに。

これまでの「退蔵院ふすま絵プロジェクト撮影レポート」はこちらから


Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2013-10-11 11:21 | 退蔵院ふすま絵プロジェクト


<< 壽聖院編その2 村林由貴・制作...      上野彦馬賞 >>