News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 14日

壽聖院編その4 村林由貴・制作ノート「雀のお話」

【はじめに】
絵師の村林由貴さんが先日、妙心寺・壽聖院本堂の襖絵を完成させました。
今回、妙心寺・壽聖院本堂の襖絵が完成するまでの半年間の軌跡を、僕と村林さんの両方向の視点から約20話に渡って交互に日刊でレポートしていきます。
そうすることで、襖絵制作の過程と舞台裏を多面的に深く知って頂けるのではないかと思っています。
また同時にプロジェクトに関わる多くの人達の想いと、それを受け取りながら成長していく村林さんの姿を感じて頂ければ嬉しいです。
今回は村林由貴・制作ノートから「雀のお話」と題してお送りします。
是非多くの方にご覧頂き、プロジェクトの過程を辿りながら何かを感じて頂ければ幸いです。



【村林由貴・制作ノート②】

『雀のお話』
絵・文 村林由貴


a0236568_20403345.jpg


2013年2月20日。

私はロール紙を取り出し、畳にばっと広げた。
ここに雀を描いてみよう!と。

その時すでに私の中では、『壽聖院・本堂の襖には「雀」と「稲穂」のモチーフ』と、確信していた。たが果たして今、私がそれらを描く力というのは、いかほどのものなのか。それをまず知る必要があった。

図鑑や画像や写真や…沢山の資料を見ながら確認しながら、画面になぞってゆく。『知りたい。見たい。理解したい』。その欲求は、描かれる雀に巨大さと細密さを与えた。コントラストも毛の流れも羽の動きも、全て写し取ることで、まず雀そのものを知ろうとするのだ。


a0236568_18542688.jpg



そして、『違う。そんなんじゃない。もっと柔らかく、手のりサイズで‥。』などと、求めているイメージと描かれたものとのギャップを、自身で厳しくチェックしていく。

それが延々と繰り返され、結果、数をこなすことで自分の欲するものを身体に叩き込んでゆくのである。

ロール紙に生まれていった雀たち1~150羽は、資料を見ながら一羽一羽描写していった。まるで博物誌のよう。そこから先は絵巻物のように、雀の群れが右から左へ向かい羽ばたいているシーンや、稲穂へ停まってゆくシーンなど、画面に “ 流れ・構成・時間軸 ” を取り入れていった。

だんだんと資料からは離れ、想像だけで描けるようになり、一羽一羽には名前をつけ始めた。描き上がった一羽の表情や動きを見て名を贈るのは、愛着が増し、優しい気持ちになれる。

描いて描いて、描きまくって。

写し取ることから始まった雀たちは、いつしかもう自立して、紙の中で自由に舞っていた。


a0236568_1746395.jpg



2013年4月28日。

90cm×50mものロール紙は、いよいよ結末を迎えた。私はその結末を撮影していただきたくて、吉田さんにメールした。

その晩、カメラのシャッター音が静かに響き、私は雀を育ててゆく。

1年半前、吉田さんが撮影にきた当初は『撮られている・見られている』という緊張も時折感じたけれど、今は心強く『撮って下さっている・見て下さっている・共にプロジェクトを創っている』という感覚が、柔らかに流れるのだ。

いよいよ、最後の一羽。
描き始めてしばらくするとシャッター音が消えた。

ん‥???

村「吉田さん、ムービー撮ってますか?」
吉「うん。最後だし、ムービーにも残した方がいいかなと思って。」
村「…。吉田さん、私は "記録" を撮ってほしくて、吉田さんを呼んだんじゃない。。」

こんな生意気なことゆったらあかんって思ったけれど、でも "そうじゃない" って思いながら一緒に仕事をするのは無理だから…。何かが溢れそうになるのをぐっと堪えて言った言葉だった。

吉「うん。分かった。分かったよ。」

吉田さんはすぐ三脚から外したカメラを手に、私から離れたり近づいたり、前横後ろから、最高の瞬間を捉える為のポジションへと身体ごと動かしていった。そしてまた、シャッター音と筆の音だけが、静寂の夜に響いていった。

『吉田さん、受け入れてくださって…ありがとうございます。』
心の中で呟いた。



そしてやっと、最後の一羽も描き上げて。

完成!!!

ふと見ると、4月28日に描き上げた最後の雀の数は、偶然にも総勢428羽目だった。同じ4・2・8という数字。

2人で目を輝かせて「すごーーーーーーーーーい!!」「ホンマすごい!!」と言ったりして。笑

くだらないかも知れない小さな偶然も、運命のような必然に感じてしまう。

子供のような2人の笑い声が、優しく響いた。


a0236568_17471212.jpg



明日は吉田亮人撮影レポートから「稲を描く・前編」をアップします。
お楽しみに。

これまでの「退蔵院ふすま絵プロジェクト撮影レポート」はこちらから


Akihito Yoshida web siteへ

[PR]

by yoshida-akihito | 2013-10-14 18:55 | 退蔵院ふすま絵プロジェクト


<< 壽聖院編その5 吉田亮人・撮影...      壽聖院編その3 吉田亮人・撮影... >>