News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 27日

北大路魯山人展

a0236568_17301595.jpg


現在、京都祇園にある京都現代美術館「何必館」で北大路魯山人展が開催されています。(明日6月30日までですが)
先日、その何必館で北大路魯山人の作品を撮影させて頂きました。


書、陶芸、篆刻、料理、絵画などありとあらゆる分野で創作活動を行い、巨大な足跡を残した魯山人。
彼の歯に衣着せぬ芸術や人間に対するものの考え方が以前から好きで、何必館に行く度に常設展示されている魯山人の作品を見ながら、あぁ彼の作品を写真に収めることができたらいいなあなんて思っていたのですが、この度、大変幸運なことに何必館館長はじめスタッフの方の寛大な計らいにより、それが現実のものとなりました。

しかしその喜びも束の間。
実際に魯山人の作品(陶器や書など)を前にカメラを向けると、まるでそこに魯山人がいるかのようなものすごい重圧を感じ、汗ダラダラ。
シャッターを切る度に「あんたほんまにそれでええんかいな」と魯山人に言われているようでした。
丹精込めて創られたモノにはパワーというか、魂が宿るものなんだなと改めて思うと同時に自分も丹誠込めて写真を撮りたいなと強く思う次第でした。いや〜それにしても撮影後はこれまでにないくらいヘトヘトでした。

北大路魯山人展は明日まで。
魯山人の作品をこんなにたくさん見る事の出来る機会は滅多にないので、是非!
何必館HP▷http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-06-27 17:30 | 雑誌・新聞掲載情報


<< eduview記事更新「松下佳...      KIX-ITM MAGAZINE >>