News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チベットTibet( 2 )


2013年 04月 11日

「Spritual Life」

「Spritual Life」Tibet
a0236568_21564524.jpg

チベットを旅した時、最も印象に残ったのがチベット人達の質素で素朴な生活ぶりと厚い信仰心でした。

『チベット人一人一人が精神生活を物質生活と同じように重視している
〜中略〜
山の上で単純な貧しい生活を送っていると世界の大多数の都市で暮らす人達よりも穏やかな精神が保たれるのでしょう』

と言ったのはダライラマ14世。
近年は中国の実効支配が一段と強まり、経済至上主義の考え方が若い世代を中心に浸透していっていることもあり、全てのチベット人がダライラマ14世の言うようなものではないです。
しかしそれでも彼らの生活を見つめていると、静穏で満たされた精神世界が彼らの中にまだまだ息づいていることを感じるのでした。
(ただ物質至上主義の中で生まれ育った僕としてはこの生活をやれと言われても絶対にできないし、するつもりもありません。要はそこから教えられたことを生かしながらちょうど良いバランスをとることが大切だということをチベット人達の生活から学んだのでした)

写真は巨大なマニ車を回しながら「コルラ」を行う老婆。
(コルラ▷寺院や僧院など聖なるものの周りを時計回りに回ること)
(マニ車▷一回まわすだけで中に入っているお経を全部読んだことになる)


Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2013-04-11 22:02 | チベットTibet
2013年 04月 02日

「Powerful Eyes」Tibet / 眼力・チベット

「Powerful Eyes」 Tibet
a0236568_17353434.jpg

2011年四川省のチベット文化圏を旅した時のこと。
僕は標高約4000mにあるリタンという街を訪れた。
この街の一番見晴らしの良い丘にゴンパ(お寺)があるということで、高山病でフラフラの体を引きずりながら行ってみた。
そこで出会ったのがこの写真の老僧。
彼は僕と目が合うと、エンジ色の袈裟をひるがえして、黄色の壁際に腰掛け、僕のカメラをじっと見つめ“私を写してくれ”との合図。
「あぁ、じゃあ写すよ」と僕がカメラを構え、シャッターを押そうとした瞬間、彼の眼があり得ない程ギョロっと見開いた。
そして彼のその姿はそのまま写真に。
僕が少々驚いていると老僧は写真を確認するでもなく、言葉を交わすわけでもなく、顔色一つ変えず、そのまま去って行った。
あの時間は一体何だったのか今もって謎であり、何とも不思議な時間だった。



Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2013-04-02 17:36 | チベットTibet