News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:eduview( 10 )


2014年 06月 29日

eduview記事更新「松下佳代先生」

a0236568_17335715.png


【教育インタビューサイトeduview記事更新】

本文▷http://eduview.jp/?p=1320

今回のインタビューは京都大学教授の松下佳代先生です。
松下先生は「教育方法学」を専門に研究されていらっしゃいます。


現在の学校教育現場では「生きる力」や「PISAリテラシー」の育成を学校教育目標として掲げています。

僕も小学校教員時代、耳にタコができるくらいこの言葉をよく耳にしました。
何となく言いたい事は分かるのですが、では具体的に教育現場に立つ人間として一体どうすれば子どもたちに「生きる力」が付いていくのか、そしてそもそも何をもって「生きる力」とするのか、更に子どもたちにそれを教える自分自身に「生きる力」があるのか、そんなことを思いながら教壇に立っていた記憶があります。

今回松下先生には「生きる力」とか「PISAリテラシー」とかって一体なんなの?という疑問に対して的確に且つ批判的に語って頂いています。
特に3ページ目辺りは面白いかと。
特に教育関係者の方には是非ご覧頂きたい内容です。
よろしくお願い致します。

本文▷http://eduview.jp/?p=1320

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-06-29 17:31 | eduview
2014年 05月 23日

eduview記事更新「中室牧子さん」第2弾

a0236568_17164934.jpg


【教育インタビューサイトeduview記事更新】
5月のインタビューは教育経済学者の中室牧子さんです。


記事本文▷http://eduview.jp/?p=1264

中室さんには以前にも登場頂いたのですが、前回の記事に対してeduview読者の方からの反響が大きく、今回再登場頂きました。
今回は「しつけ」の可能性、教育に関する統計データを扱う際の注意点などお話頂きました。
是非ご覧下さい。

記事本文▷http://eduview.jp/?p=1264

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-05-23 17:16 | eduview
2014年 04月 23日

eduview記事更新「杉山まさる」さん

eduview記事更新
授業のない学校「サドベリースクール」が追求する自由の形〜杉山まさる氏に聞く

a0236568_15374933.jpg


今回のインタビューは授業のない学校、「サドベリースクール」を運営する杉山まさる氏です。
授業もなければテストもクラスもないこの学校。
何と学校の運営方針から学費の決定、スタッフの採用から罷免まで子どもたちが関わり運営するというサドベリースクールとは?

a0236568_15345167.jpg


a0236568_15361583.jpg


実際に取材に行ってみて本当に驚くことだらけでした。
是非読んで見て下さい。
そしてよければ皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

記事はこちら▷http://eduview.jp/?p=1206

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-23 15:36 | eduview
2014年 04月 08日

eduview記事更新「加藤大」さん

a0236568_2334576.jpg


教育インタビューサイトeduview記事更新

本文▷http://eduview.jp/?p=1107

皆さん「反転授業」って聞いたことありますか?
大学や企業の研修、はたまた2014年度からは佐賀県武雄市の小学校でも導入されるなど、最近この「反転授業」が教育業界で注目を集めています。
では一体この「反転授業」とは何なのかですが、大まかな定義としては、

『講義を宿題としてオンラインで視聴させ、教室で演習を行う授業』

というものです。
IT環境の整備と発達により、僕達を取り巻く環境は大きく変化しています。教育現場も例外ではなく、学校にタブレット端末が導入されたり、IT機器を使った指導法が行われるなど、ここ数年でこれまで行われてきたような授業の形態というものが小さくない変化を起こし始めています。
もちろんそれに伴って、児童や学生の教育法、そして教員自身の指導法も見直さなければならない部分が出始めています。

今回eduviewでは、この「反転授業」を日本に広めた第一人者である(反転授業の発祥はもともとアメリカ)株式会社ファカルタス事業戦略室長の加藤大さんにお話をお聞きしました。
「反転授業」が導入されてまだ間もないですが、この授業の仕組みや本質、そしてこれから既存の教育にどのような風を起こしていくのか、その辺りを徹底インタビューしました。
是非本文をご覧下さい。

本文▷http://eduview.jp/?p=1107

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-08 23:35 | eduview
2014年 03月 17日

eduview記事更新「中室牧子さん」

a0236568_18303164.jpg



eduviewの記事更新しました。
今回インタビューさせて頂いたのは慶応大学SFC准教授の中室牧子さんです。


記事本文▷http://eduview.jp/?p=992

「教育経済学者」である中室さんは、大学時代は竹中平蔵氏に師事し、日本銀行・世界銀行での勤務を経てコロンビア大学で博士を取得したという華麗な経歴の持ち主です。
そもそも「教育経済学」というのは簡単に言うと、統計データなどの科学的根拠に基づき教育政策について研究する学問のことです。
教育経済学者の中室さんは日々、様々なデータを元に日本の教育がどうあるべきかを考え、提言されていらっしゃる立場にある方です。

正直、今回中室さんの話を聞きながら撮影中だというのを忘れて思わず何回も質問したり、話に聞き入りすぎてしまう程ものすごく興味深い内容でした。
(ほんとに、衝撃的な話だったんです)

今回のインタビューは特に子どもを持つ親御さんや、教員の方など、日々教育に直接関わる方に読んで欲しいなあと思います。
もちろん、全ての方に読んで頂き、これからの教育を一人一人が考えるきっかけとしてくれたら幸いです。

記事本文▷http://eduview.jp/?p=992


Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2014-03-17 18:30 | eduview
2014年 02月 02日

eduview記事更新「松本紹圭さん」

a0236568_16345076.jpg


教育インタビューサイト「eduview」の記事を更新しました。
2月のインタビューは、お坊さん向けの教育サービス「未来の住職塾」の塾長を務める浄土真宗本願寺派の僧侶、松本紹圭さんです。


インタビュー本文はこちら▷http://eduview.jp

東大哲学科を卒業して仏門に入った松本さんは、インドに留学してMBA(経営学修士)を取得し、その中で得た知見を生かして2012年に住職塾を開講しました。

東京、大阪、京都など全国の主要都市で、これまでに200人以上がプログラムを受講しています。

お坊さんに経営の視点を伝える、というニッチな教育サービスをゼロから作り軌道に乗せる過程の中には、教育関係者にとって参考になる部分も多いのではないかと思います。

ぜひ本文をお読みください。


Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2014-02-02 15:03 | eduview
2014年 01月 04日

eduview記事更新「Tefuさん」

a0236568_1411858.jpg

教育インタビューサイト「eduview」の記事を更新しました。
今回のインタビューは現役灘高校生にして、デジタルクリエイターのTefuさんです。

本文はこちら▷http://eduview.jp/

「先生、これ勉強して何の役にたつん?」

僕が小学校の教員をやっている時に、子どもたちからよく聞かされた言葉の一つがこれでした。
もしそんなことを聞かれたら皆さんはどう答えますか?
正直言って当時の僕はこの問いに答えるだけの明確な回答を持ち合わせていませんでした。
一体何のために勉強はあるのでしょうか。

「月並みな言葉ですがやっぱり勉強はした方がいいと思うんですよね。やっぱり勉強は無駄になりませんよ。」

そう答えるのは17歳の現役高校生、Tefu君。
Tefu君は名門灘高校に通いながら、デジタルクリエイターとしてアプリ開発を行ったり(彼が中学時代に開発したiphoneアプリ「健康計算機」は世界3位のダウンロード数を記録する)ラジオのパーソナリティー、クリエイティブディレクターなど、マルチな才能と幅広い活動で大活躍する天才高校生であり、巷では「スーパーIT高校生」などとも呼ばれメディアにも多数出ています。
そのTefu君がこう言います。

「数学で微分積分とかって出てくるじゃないですか。あれが実生活でどれだけ役に立つかと言うと正直役に立ちませんよ。でも、あそこで勉強した論理の道筋であったり、思考法は必ず自分の思考形成に寄与してくる。」

そう言いながら彼は学校をレールを敷いた線路ではなく、「滑走路」と捉えてこう考えていると続けました。

「いつかみんな滑走路から飛び立たなければいけない。僕は中2の時に飛び立ちました。飛び立つためには走らないといけない。夢がないとか、何をやったらいいか分からないって人いるじゃないですか。その気持ちは分かる。でも、月並みですがそういう人達にはとにかく勉強をしておけと言いたい。助走期間にどれだけ勉強するか。勉強は絶対裏切りませんよ」

学校の役割って?勉強することの意味って?そんな素朴にして深遠な疑問を今回のインタビューでは現役高校生のTefu君が軽やかに、説得力を持って答えてくれています。
質の高い知性と教養が人間的な魅力となる。
そんなことをTefu君と話しながら感じまくったインタビューになりました。
是非ご覧下さい。



Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2014-01-04 14:00 | eduview
2013年 12月 05日

eduview記事更新「今井紀明さん」

a0236568_1615971.jpg


教育インタビューサイト「eduview」の記事を更新しました。
今回のインタビューは通信制高校向けにキャリア教育プログラムを提供するNPO法人、D×P共同代表の今井紀明さんです。

本文はこちら▷http://eduview.jp/

個人的に今井くんとは約3年前からの付き合いなのですが、彼と初めて会った時の印象は、自分の意見をしっかり持っていて、好奇心とパワーに満ち溢れ、何だか分からないけれどそのパワーと勢いにとにかく圧倒された覚えがあります。
2004年に起きたイラク人質事件の当事者でもある彼は、帰国後に吹き荒れた「自己責任論」というバッシングの嵐の中を紆余曲折ありながら乗り越え、持ち前の行動力で今、前進し続けています。

彼を走らせ続けている原動力とは何か、彼の考えていることはどんなことなのか、なぜ「教育」に携わる仕事を選んだのか、そんなことを語ってくれています。
NPOに興味のある方、社会起業を目指す方、そんな方達にもきっと何かしら響くインタビューになっていると思います。
是非ご覧下さい。

本文▷http://eduview.jp/
NPO法人D×PのHP▷http://www.dreampossibility.com/



Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2013-12-05 16:15 | eduview
2013年 11月 01日

eduview記事更新「椿昇さん」

a0236568_23372095.jpg

元日経新聞記者の荒木さんと一緒に開設した教育インタビューサイト「eduview」。
「eduview」第2弾インタビュー記事をアップしました。


今回は瀬戸内国際芸術祭や退蔵院襖絵プロジェクトなど全国の様々なアートプロジェクトを手がけ、若手アーティストの育成にも努める現代美術家の椿昇氏です。

本文はこちら▷http://eduview.jp

今回の椿先生へのインタビューはアートに興味のある方はもちろん、多くの方に響く内容ではないかと思います。
大げさかもしれませんが、これからの時代をどう生きるかの一つのヒントが隠されているのではないか、そう思う程個人的にはとても感銘を受けたインタビューでした。
是非多くの方にご覧頂きたい内容です。

ちなみに「eduview」FBページも開設しています▷http://p.tl/4cah
もしよければご覧下さい。
よろしくお願い致します。

[PR]

by yoshida-akihito | 2013-11-01 23:37 | eduview
2013年 10月 07日

教育インタビューサイト「eduview」開設しました

a0236568_2327522.jpg

昨日10月1日に「eduview」(エデュビュー)というウェブサイトを開設しました。

http://eduview.jp/

このサイトは教育者や研究者、経営者、社会起業家、文化人などへのインタビュー記事を柱に、教育に役立ちそうな本やおもちゃ、アプリのレビューなどを配信していきます。
記事は元日経新聞記者の荒木 勇輝さんが執筆し、写真は僕が担当します。

そもそもなぜこのような教育系サイトを立ち上げようと思ったのか。
それは多面的な教育への考え方や見方を提供し、より良い教育のあり方について議論できる材料をこのサイトを通じて届けられないかと考えたからです。

教育はその性質上、実践から効果が現れるまで時間もかかるし、個々によって全く異なった結果が出たりと、その検証が非常に難しい分野です。
だからよく言われる様に教育にはマニュアルも正解も存在しません。
しかしその一方で、独断的で断定的に教育が語られることも少なくありません。(答えがないからこその裏返しなのでしょうが)

しかし、正解や答えがないからこそ皆で考えを共有したり、試行錯誤したり、思考することが最も大事なのではないでしょうか。
その一助にこの「eduview」がなればいいなと思っています。
みなさん、ご覧頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします!

ちなみにインタビュー第一弾は京都市堀川高校の元校長・荒瀬克己さんです。
荒瀬さんは「堀川の奇跡」と呼ばれるほどの進学実績と独自のノウハウを作り上げ取り組んでこられた方です。是非ご覧下さい。

Facebookページもあわせて開設しました▷http://p.tl/4cah

Facebookアカウントをお持ちの方はいいね!を頂けるととーーーっても嬉しいです!!!!
よろしくお願い致します!!!!!


Akihito Yoshida web siteへ
[PR]

by yoshida-akihito | 2013-10-07 23:27 | eduview