News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

第1回〜退蔵院ふすま絵プロジェクト〜

京都市右京区に臨済宗の大本山である「妙心寺」がある。日本最大の禅寺としてもよく知られているこの妙心寺。
その妙心寺の塔頭の一つに
「退蔵院」がある。
約600年もの歴史を持つ退蔵院が今、ある一つのプロジェクトを立ち上げ、取り組んでいる。
それが「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」である。
このプロジェクトをものすごく簡単に説明すると、退蔵院本堂の襖(ふすま)に若手芸術家が水墨画を描くというものである。
その昔、「絵師」達は寺社や武将達に雇われ、そこに住み込みながら襖絵や屏風絵など数々の傑作を残してきたそうである。その作品達が今や貴重な文化財となり、現代の僕達へと受け継がれているわけである。
しかし、このような文化財はどんなに保存状態を良くしようとも、時間の経過と共に劣化していくのは避けられない。これは形あるものの宿命である。
それ故に、文化財の劣化や損傷をなるだけ防ぐために、陽の当たらないところで大切に保管し、普段は複写したものや無地の襖を入れているという寺社も珍しくない。
退蔵院も例外ではなく、約400年前に狩野了慶が描いた襖絵(重要文化財)も普段は取り外され、保管されている。
しかしこのような形式をとってしまうと、後世に受け継いでいける様な文化財は生まれないし、それを創り出す芸術家も現れない。
そう考えた退蔵院の副住職の松山さんは、文化財を生み出すということと、若手芸術家の育成を目的にこの「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」を考え出したそうである。
実際に退蔵院に絵師を住まわせ、精神修養を重ねながら襖絵の制作を行ってもらうこのプロジェクト。
その制作期間は3年間である。

絵師は公募によって選ばれたそうだが、栄えあるこの絵師に見事選ばれたのが村林由貴さんだ。(ホームページはこちら
村林さんはまだ若干25歳。しかしその緻密で繊細な画力は見事なもので、独特の世界観を築いている新進気鋭の作家さんである。
彼女は既に退蔵院に住み込み、様々な修練を重ねながら今まさに襖に命を吹き込んでいる最中である。完成は2013年の秋を予定している。

ところで、僕がこの「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」に一体どんな関わりがあるのかというと、作家である村林さんの制作から完成までを写真に収めさせて頂くことになったのである。
村林さんという人間が作品の制作を通して一体どのような人間的成長を遂げていくのか、そして村林さんが襖絵に魂を吹き込んでいくその過程を、カメラを通して見続けていこうと思っている。
これからちょこちょことその制作の進展状況なども含めてレポートしていくので、どうぞお楽しみに。
a0236568_21101086.jpg


[PR]

by yoshida-akihito | 2012-02-29 21:01 | 退蔵院ふすま絵プロジェクト
2012年 02月 11日

宮崎日日新聞掲載

2012年2月10付の宮崎日日新聞朝刊の「アートコラム」(21面)というコーナーにて写真展「Calico Factory Artisans」の批評を頂きました。
この「アートコラム」というのは宮崎大学教育文化学部の石川知佳子教授が毎月一回宮崎日日新聞にて県内の美術展などについて書いているコーナーです。
写真展開催中、会場に足を運んで下さり、コラム内にて批評をして頂いたようです。
僕もまだ見てませんが、宮崎日日新聞が手に入る方は是非ご覧下さい

[PR]

by yoshida-akihito | 2012-02-11 14:40 | 雑誌・新聞掲載情報
2012年 02月 11日

多羅尾小学校での特別授業報告

昨日2月9日(木)に滋賀県の甲賀市立多羅尾(たらお)小学校にて特別授業をさせて頂きました。
a0236568_11341652.jpg

多羅尾小学校は全校児童15人で、一番多い学年で4人、一番少ない学年は1人という本当に小さな小さな学校でした。
歴史も古く、何と開校から約130年程の歴史があるそうです(開校は何と明治10年!)
しかし小学校の校舎自体は大変きれいで、掃除も行き届き、子ども達も教職員の方達もとてもこの学校のことを大切にしているのだなあと感じる、そんな校舎でした。
a0236568_11333660.jpg

a0236568_11345447.jpg

そんな多羅尾小学校に通う3、4、5、6年生計10名を相手に「世界をちょこっとだけ知る授業」と称して、僕が旅で出会った人や世界の話をしました。
初めて見たり聞いたりする世界に、「うわ、すげー!」とか「おもしろー!」とか言いながら、僕の話や写真や映像を食い入るように見てくれました。
a0236568_11353991.jpg

授業の最後の質疑応答でもたくさんの質問が出て、
「旅をする中での一番の喜びとは何ですか?」とか、
「写真を撮っている時、何を考えて撮っているのですか?」とか、するどい質問を投げかけてきて、
逆に僕自身が改めて考えさせられると同時に、子どもというのは本当にあなどれないなあと今更ながら思いました。
ところで僕はこの授業に「当たり前は当たり前?」というテーマを内包して話を進めて行ったのですが、子ども達が最後に書いてくれた感想文にはしっかりとそのことが書かれてあって、自分たちの生きている世界が決して全てではなく、当たり前の世界でもないのだということを感じ取ってくれたようです。
今日の授業で同じ世界に住む人間に少しだけでも想いを馳せ、彼らの世界がほんのちょっぴりでも広がる時間になったら何よりです。
多羅尾小学校の子ども達、そして教職員の皆様、地域の皆様、本当に貴重な時間をありがとうございました。


〜以下、子ども達の感想です〜(一部抜粋)〜

私はあんな世界が今もあるということをあまり知らなかった。
また改めて世界って色々な人がいるんだなあと思った。
日本のように一人一人が豊かに暮らせない人もいるので何か協力できることはないかなあと思った。
でもたくさんの笑顔があって元気をもらえる気がした。私はこれからも笑顔の絶えない世の中であってほしいと思った。


日本ではありえないことが世界中ではたくさんあることがわかってびっくりした。
自分たちはありがたいなと思った。


日本人はかたくるしいなあと思った。インド人は陽気で明るい人が多くていいなあ!
僕も陽気な人に少しなりたい。
仕事が決まっていたら(カースト制度の職業世襲制を指して)自由が小さい。
僕は自由だから思いっきり楽しまなきゃいけないな。
でも、仕事が決まっていても楽しくやっている人もいるんだろな。
世界には色んな人がいるんだな。僕も何かできるかな。


声をかけてくれて家に招待してくれたり、食事も用意してくれたり、家に泊めてくれたり、インド人は温かい人柄の人なんだなと思った。たくさんの面白い出会いがあったんだなと思った。
一緒に笑ったりして楽しく学習できました。
これからも私も色んな国のことをもっと知りたいなと思いました。


世界には色んな人がいて、喜んだり悲しんだり笑ったりして一生懸命に生きている人のために何か僕もしていきたい。これから色んな国に行っても健康で安全にルフィのように世界を冒険して下さい。


a0236568_11361828.jpg


Akihito Yoshida web site Home へ戻る
[PR]

by yoshida-akihito | 2012-02-11 11:36 | トークイベント・講演
2012年 02月 08日

特別授業します

明日2月8日(木)に、滋賀県は甲賀市の多羅尾小学校(たらお)で特別授業をさせて頂きます。
多羅尾小学校は山の中にある全校生徒20人にも満たない小さな学校です。
そんな小さな学校に通う小学4、5、6年生の計8名を対象に、僕が旅をして見てきたことをお話したいと思います。
自分が暮らしている世界以外に、同じ時間、同じ時代、同じ世界を生きている人々に想いを馳せられるような時間にしたいと思います。
もちろん何よりも「楽しい!」と思ってもらえることを大前提に。
明日、子ども達に出会える事が楽しみです!

[PR]

by yoshida-akihito | 2012-02-08 10:03 | トークイベント・講演
2012年 02月 07日

写真展終了

宮崎のArt Space 色空さんで開催させて頂いていた写真展「Calico Factory Artisans」が2月5日を最後に終了しました。
たくさんの来場者(約300人以上)に恵まれ、おかげさまで盛況となりました。
本当にありがとうございました。
写真展をご覧頂いた方からたくさんの感想やご意見を頂戴することができました。

「更紗の美しさもさることながら、この工場で働く職人さん達の眼差しが印象的だ」
「誇りを持って仕事をやっているんだなあ」
「昔の日本人もこんな眼をしてたんだよ」
「働く彼らの熱気が伝わってきた。匂いとか音が聞こえてきそうだね」
「この人達、かっこいいですね」

鑑賞する人の実体験や経験から結びつく考え方や想いがあるのは当然ですし、鑑賞者それぞれの中でそれを大事に持って帰ってくれたらいいと思っているのですが、それでも一つの傾向として以上の様な感想や意見が多かったように思われます。
僕が撮影していた時にまさに感じたこと、つまりここで働いている職人さん達かっこいい!!というただ単純にそれだけのことを見て頂いた方にも少しでも感じて頂けたのは嬉しい事です。
これからもたくさんの世界を見て、たくさんの方にその世界を垣間みてもらえたらと思っています。
これからも走り続けていきたいと思います。
本当にたくさんの方達に感謝とお礼の気持ちを込めて。

a0236568_21374734.jpg
友人が送ってくれた花
a0236568_21373259.jpg
同じく友人が送ってくれた花
a0236568_2138486.jpg

a0236568_21382339.jpg

a0236568_21383989.jpg

[PR]

by yoshida-akihito | 2012-02-07 21:41 | 写真展