News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 23日

eduview記事更新「杉山まさる」さん

eduview記事更新
授業のない学校「サドベリースクール」が追求する自由の形〜杉山まさる氏に聞く

a0236568_15374933.jpg


今回のインタビューは授業のない学校、「サドベリースクール」を運営する杉山まさる氏です。
授業もなければテストもクラスもないこの学校。
何と学校の運営方針から学費の決定、スタッフの採用から罷免まで子どもたちが関わり運営するというサドベリースクールとは?

a0236568_15345167.jpg


a0236568_15361583.jpg


実際に取材に行ってみて本当に驚くことだらけでした。
是非読んで見て下さい。
そしてよければ皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

記事はこちら▷http://eduview.jp/?p=1206

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-23 15:36 | eduview
2014年 04月 22日

学校、行っても / 行かなくても

a0236568_934745.jpg

装丁家・矢萩多聞 × 吉田亮人 トークイベント

「就職しないで生きるには21」という晶文社のシリーズ本の第3弾として装丁家の矢萩多聞さんが5月2日に「偶然の装丁家」という本を出版されます。
学校になじめず、不登校だった多聞さん。彼は13歳で学校を辞めインドへ渡って暮らし、絵を描き始め、日本とインドを往復しながらいつの間にか装丁家として仕事をするようになります。
特別な教育を受けたわけでも、誰かに師事したわけでもなく、様々な人との出会いや偶然の作用によって装丁家としての道を歩み始めた多聞さん。
これまで数々の装丁を手がけてこられました。
そんな多聞さんがこれまで歩んで来られた道のりを本にされました。

その出版に先立ち、多聞さんと京都で刊行記念イベントを行います。

「学校、行っても / 行かなくても」

日時:2014年4月29日(火) 14:00〜

場所:恵文社バンビオ店

参加費:1000円(高校生以下無料)

中学校1年生で学校をやめてインドで暮らし装丁家になった多聞さんと、7年間の教員生活を経て写真家になった僕。
偶然にも同じ年齢のこの2人が「不登校」というキーワードを入り口にこれからの学び、仕事、子育てなんかを考えていきます。
親子での参加ももちろん大歓迎です。

ご予約はこちらから▷http://iki-ru.com/project/20140429/

問い合わせ:恵文社バンビオ店 TEL075-952-3421

皆さん、是非お待ちしております。

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-22 09:04 | トークイベント・講演
2014年 04月 15日

ソトコト5月号に写真掲載

a0236568_179273.jpg

ソトコト5月号(4月5日発売号)に記事を掲載頂いています。
2月に京都で行われた「InterFaith駅伝」についてカラー6ページです。
編集部から昨日本が送られてきて、ようやく実物を見ることができました〜。
ということで、中身こんな感じです。

a0236568_178514.jpg


a0236568_1792611.jpg


a0236568_179392.jpg


写真はDOT. PHOTO AGENCY。
文章は吉田が書いています。
見かけたら是非読んで見て下さい。

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-15 17:05 | 雑誌・新聞掲載情報
2014年 04月 13日

ソトコト5月号に写真掲載

a0236568_21454617.jpg


4月5日発売の「ソトコト」にて写真記事をカラーで6ページ掲載頂きました。
内容は今年2月に京都で行われた、異なる宗教者がタスキをつないで走るという「Interfaith駅伝」についてです。
仏教、神道、キリスト教、イスラム教などの宗教者が日本はもちろん、海外からも集まり行われたこの駅伝に5日間完全密着し、ドキュメントしました。

写真は昨年秋に仲間と立ち上げた写真エージェント「DOT. PHOTO AGENCY」のメンバーと共に撮影したものです。
(メンバーはそれぞれ国内外で受賞歴、仕事歴のあるドキュメント写真・映像のプロです)

文章はわたくし、吉田が担当させて頂いています。

日本初開催となったこのInterFaith駅伝の模様を是非ご覧頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

ちなみにDOT.のサイトも作りました。
DOT. PHOTO AGENCYサイト▷http://dotphotoagency.wix.com/japan

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-13 21:46 | 雑誌・新聞掲載情報
2014年 04月 08日

eduview記事更新「加藤大」さん

a0236568_2334576.jpg


教育インタビューサイトeduview記事更新

本文▷http://eduview.jp/?p=1107

皆さん「反転授業」って聞いたことありますか?
大学や企業の研修、はたまた2014年度からは佐賀県武雄市の小学校でも導入されるなど、最近この「反転授業」が教育業界で注目を集めています。
では一体この「反転授業」とは何なのかですが、大まかな定義としては、

『講義を宿題としてオンラインで視聴させ、教室で演習を行う授業』

というものです。
IT環境の整備と発達により、僕達を取り巻く環境は大きく変化しています。教育現場も例外ではなく、学校にタブレット端末が導入されたり、IT機器を使った指導法が行われるなど、ここ数年でこれまで行われてきたような授業の形態というものが小さくない変化を起こし始めています。
もちろんそれに伴って、児童や学生の教育法、そして教員自身の指導法も見直さなければならない部分が出始めています。

今回eduviewでは、この「反転授業」を日本に広めた第一人者である(反転授業の発祥はもともとアメリカ)株式会社ファカルタス事業戦略室長の加藤大さんにお話をお聞きしました。
「反転授業」が導入されてまだ間もないですが、この授業の仕組みや本質、そしてこれから既存の教育にどのような風を起こしていくのか、その辺りを徹底インタビューしました。
是非本文をご覧下さい。

本文▷http://eduview.jp/?p=1107

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-08 23:35 | eduview
2014年 04月 07日

文芸創作誌「ウィッチンケア」第5号

a0236568_16384672.jpg

4月1日に文芸創作誌「ウィッチンケア」5号が発売されました。
このウィッチンケアにて、「始まりの旅」と題してエッセイを書かせて頂きました。


写真家になろうと決めて歩み始めたちょうど4年前。
ただ歩み始めたはいいものの、僕は写真家として自分自身が何を見たくて何を撮りたいのかさっぱり分かりませんでした。
これは僕にとって切実で最も差し迫った問題でした。
何か自分の中にあるはずなんだけど、それがボンヤリとフィルターがかかったようによく見えない。
そんな時、ふと閃いたのが

「そうだ、インドいこう。(首都デリーからムンバイまで自転車で)」

というものでした。
今回のエッセイではそのインドの旅のことを中心に、写真家として何を見たかったのか、何を撮りたかったのか、色々と考えたことを綴らせて頂いています。

「ウィッチンケア」の執筆陣は34名。
民主党の枝野幸男さんや、「めちゃイケ」や「踊る大捜査線」の出版物などを手がけるライター・編集者の多田洋一さん(ウィッチンケアの発行人)など、多彩な顔ぶれです。

Amazonや全国の主要書店にて購入できるそうです。
皆様是非よろしくお願い致します。

詳細はこちらhttp://witchenkare.blogspot.jp/

[PR]

by yoshida-akihito | 2014-04-07 16:38 | 雑誌・新聞掲載情報