News

ysdaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 23日

PHaT PHOTO 2016年3-4月号

a0236568_21195314.jpg


a0236568_21152495.jpg


現在発売中の写真雑誌PHaT PHOTOの「雑誌編集部が注目 いま、仕事がしたい写真家」という小特集で推薦・紹介いただきました。
ということで、一緒に仕事しましょ〜!

紹介ページに使われている写真は現在制作中の写真集「Tannery」の中の一枚から。

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-23 21:12 | 雑誌・新聞掲載情報
2016年 02月 22日

鳥葬とナイフの男

a0236568_218179.jpg


晶文社HPのスクラップブックで連載中の「現場の人たち」。
今回は前回に引き続き、「鳥葬とナイフの男」の第2回目になります。
どうぞご覧ください!!


記事はこちら→http://s-scrap.com/788
[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-22 21:06 | 連載「現場の人たち」
2016年 02月 16日

Tannery 先行予約について

a0236568_152017.jpg


ただいま、先行予約受付中の写真集「Tannery」(今春発売予定・装丁構成・矢萩 多聞)は限定100部の特装版が全て予約済となりました。
特装版のご購入を考えていらした方、東京と京都、それからヨーロッパの一部書店と写真展で少部数販売しますのでそちらでご購入頂ければと。。。
限定200部の普及版の方はまだ余裕があります。
この機会に是非ご予約下さいませ〜。

予約フォームはこちらから→http://www.akihito-yoshida.com/tn/

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-16 15:18 | 写真集
2016年 02月 12日

Case study #1  Presentation by Akihito Yoshida + talk with Yoshikatsu Fujii

Case study #1  Presentation by Akihito Yoshida + talk with Yoshikatsu Fujii

“Case Study”はフォトジャーナリズム/ドキュメンタリーフォトグラフィーを学ぶプラットフォームです。国内外の写真家を招き、それぞれのプロジェクトから、写真家としてどう取り組み、どう伝えて行くのかを考えます。

第一回目のゲスト写真家は、京都を拠点に国内外のテーマに取り組む吉田亮人氏を招き、これまでの仕事の取り組み方についてプレゼンテーションをしていただきます。吉田氏はこれまで国内のアサインメントと並行して、アジア圏の労働をテーマに撮影を行ってきました。また、バングラディッシュのレンガ工場で働く労働者を取り上げ、自費出版された写真集「Brick Yard」はParis Photo aperture photobook Award 2015のショートリストに残るなど国外でも高い評価を得ています。プロジェクトのリサーチ/アプローチ/発表までの方法論、またフリーランスとしてどのようなバランスでアサインメントと独自のプロジェクトをこなしているのか等、具体的に話を伺います。

後半は、同会場にて開催中のブックダミーワックショップ「Kyoto Dummy Book Worksop」の講師であり写真家の藤井ヨシカツ氏と小原を交え、写真家自身が出版する写真集の在り方についてクロストークを行います。2014年に手製本として出版された藤井氏の「Red Strings」は米TIME紙Best photobooks 2014をはじめ、国内外で高い評価を得ました。同書はイタリアの出版社ceibaより普及版の出版が行われます。近年注目を集める写真集について議論を深めたいと思います。

スケジュール
プレゼンテーションby吉田亮人 45分
休憩 5分
クロストークby 吉田亮人+藤井ヨシカツ+小原一真 50分
質疑応答 20分



プロフィール

吉田亮人 http://www.akihito-yoshida.com/
1980年宮崎市生まれ。京都市在住。滋賀大学教育学部卒業後、タイにて日本語教師として現地の大学に1年間勤務。帰国後小学校教員として京都市にて6年間勤務し退職。
2010年より写真家として活動開始。「働くとはなにか」をテーマに国内外で撮影し作品制作を行う。初の写真集「Brick Yard」が(私家版・限定200部・矢萩多聞デザイン・2014年制作)Paris Photo-Aperture Foundation Photobook Award 2015 にノミネートされる。2016年春、バングラデシュの皮なめし工場労働者を撮った新作写真集「Tannery」を発行予定。
コニカミノルタフォトプレミオ2014年度大賞など受賞多数。

藤井ヨシカツ http://www.yoshikatsufujii.com/
広島県出身。東京造形大学で映像を学んだのち、2006年より写真制作を開始。近年は家族の関係性を主なテーマとして制作を行っている。
現在は故郷である広島を活動の拠点としている。
2014年に35部限定の手製本による写真集として発表した「Red String」は、Paris Photo-Aperture Foundation Photobook Awardsを始めとする数々のアワードへのノミネートや、TIME誌の選出する2014年のベストフォトブックの一冊に選出されるなど注目を集めた。さらに2015年には、ニューヨーク近代美術館ライブラリーに収蔵された。
また、2015年に東京のReminders Photography Strongholdでの展示に併せて刊行した写真集「Incipient Strangers」も、Self Publishing PHOTOLUX Awardを受賞するなど各国で高い評価を得ている。


小原一真 http://kazumaobara.com/
Case Study主催者、写真家。1985年、岩手県生まれ。震災直後からキャリアを開始し、2012年には写真集「Reset Beyond Fukushima」がスイスのLars Muller Publisherから出版される。2014年には太平洋戦争下で空襲の犠牲者となった子どもたちのその後を追った「silent histories」を手製写真集として自費出版。同写真集はParis Photo First photobook Award shortlistの他、米TIME紙、英Telegraph紙、Lens Cultureなど様々な媒体でBEST PHOTO BOOKS 2014に選ばれる。同写真集は2015年11月に普及版としてメキシコの出版社Editorial RMより1900部出版された。2015年にLondon College of Communication MA Photojournalism and Documentary Photography修士課程終了。国内外での写真展、トークイベントを多数開催。写真はThe Guardian, Courier international, ZEIT, El Mund,DAYS JAPANなどで掲載される。

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-12 17:38 | トークイベント・講演
2016年 02月 08日

「みんなのミシマガジン×森田真生0号」

a0236568_20583297.jpg


「みんなのミシマガジン×森田真生0号」
昨年10月の天気の良いある日、「みんなのミシマガジン×森田真生0号」の口絵写真の撮影のため、ミシマ社の三島社長とミシマ社敏腕編集者の新居さんと、下鴨神社の「糺ノ森」に数学者の森田真生さんを連れ出して撮影しました。
糺ノ森をしばらく歩きながら森田さんを撮影していたその終盤。
鬱蒼とした森の中に入っていった森田さんが糺ノ森に漂う霊気と呼応したのか、突然踊り始めました。
その瞬間まるで森全体が彼の挙動に注視しているかのようにピンと張り詰めた空気が森を包みました。
その森の視線と声に呼応するかのように、天を仰いだり、ステップを踏んだりして、森全体と一体となって踊る森田さん。

a0236568_20562520.jpg


マグマが地上に溢れ出てくるかの様な、ほとばしるエネルギーを放ちながら踊り続ける彼を写真に収めようと、僕はファインダーに眼をギュッと強く押し付けたまま何度もシャッターを切りました。
その時間は5分だったか、3分だったか、はたまた30秒くらいだったか。
一気に燃え上がって、スッと消えていく炎のように、突然その踊りは終わりを告げました。
ファインダーから眼を離すと、少し息を荒くして、にっこりと笑っている森田さんの姿が。
「おぉ・・・・」
あまりの迫力に感嘆の声を漏らしながら森田さんを見つめる三島さんと新居さん。
僕もいい写真が撮れたんじゃないかという手応えを感じながら、その撮影は終了しました。
終了してから、森田さんを撮影している時の感覚と手応えが何かに似ているなあと思ったら、僕がバングラデシュの肉体労働者を撮っている時の感覚とすごく似ていたのです。
溢れんばかりの圧倒的なエネルギー。そしてそれを纏いながら一心不乱に打ち込む集中力。
僕の独断と偏見だけども、森田さんもバングラの労働者も本質的には同質の共通する何かを持っていると感じました。

a0236568_20564670.jpg


森田真生という若き才能が数学の新たな境地を開きつつあることはもう周知の事実です。
そんな彼の源泉は案外こういうところにあるんじゃないかと、垣間見た瞬間でした。
ということで、「みんなのミシマガジン×森田真生0号」是非手にとって読んでください。
装丁は矢萩多聞さんです〜。すごくかっこよくて斬新な装丁!

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-08 20:57 | 雑誌・新聞掲載情報
2016年 02月 07日

オランダ・アムステルダム

We now doing a traveling exhibition of Paris Photo Photo Book Award 2015 in Huis Marseille Museum Photography of Amsterdam.

Huis Marseille Museum Photography WEB SITE

So, recently come often orders my New Photobook from Amsterdam.
You can Pre Order New Photobook ”Tannery" from here→http://www.akihito-yoshida.com/tn/


最近オランダから新作写真集「Tannery」の予約がよく来るなあ、何でだろうと思っていたら、今アムステルダムのHuis Marseille Museum Photography でパリフォト・フォトブックアワード2015の巡回展をやっているみたいです。2月14日まで。

Huis Marseille Museum Photography WEB SITE

それを見に行った人が僕のwebページを見つけて予約を入れてくれるみたいです。
(予約してくれた人から教えてもらった)
ちなみに写真集の予約受付はこちらから→http://www.akihito-yoshida.com/tn/
特装版の予約は残り5部ほどとなっております。

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-07 13:15 | 写真展
2016年 02月 04日

JICA広報誌「mundi」に作品掲載

a0236568_17152974.jpg


a0236568_17155651.jpg


a0236568_17161040.jpg



JICAの広報誌「mundi」2月号にて作品を掲載頂いています。
バングラデシュのスクリュー工場で働く人々を撮った作品です。

この作品は2012年と2015年に撮った作品です。
灼熱の炎の中、命がけで働く人々の姿をご覧ください。
カラー6ページです。
こちらからPDFでご覧になれます。

a0236568_17183195.jpg


それから、同誌の最後の方にこんなポストカードがついています。
列車に大量に人が乗り込んだこの写真は、バングラデシュで行われるイスラムの祭典「ビッショエステマ」の時に撮ったもの。
とにかく人、人、人で溢れかえるこの祭典はメッカ巡礼に次ぐ世界で2番目に大きいイスラムの祭典だそうです。
あ、ちなみにこの写真はその祭典が終わって列車で帰る人々です。
結構スピード出るから命がけの帰宅なんです。

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-04 17:18 | 雑誌・新聞掲載情報
2016年 02月 03日

新作写真集「Tannery」予約受付中

《写真集予約受付中》 
《NEW PHOTO BOOK PRE-ORDER AVAILABLE NOW!! 》


今春完成予定の新作写真集「Tannery」の先行予約を受け付けています。
写真集は特装版(バングラデシュ製皮ケース装・限定100部)
)と普及版(紙ケース装・限定200部)の2つがあります。

特装版の方は、予約受付可能部数が残り13部ほどとなっております。
普及版はまだ残部に余裕あります。
ご予約ご希望の方はこちらの専用予約フォームからどうぞ。
http://www.akihito-yoshida.com/tn/


『私家版写真集「Tannery」について』

この写真集は、2013〜2015年の2年間をかけて撮影したバングラデシュの皮なめし工場の労働者たちの写真をまとめたものです。
写真集を作るにあたり、視覚だけではなく、
本のどこかに彼らの労働の「痕跡」を残したいと考えました。
そこで2015年6月、バングラデシュに赴き、
彼らが実際になめした皮を買い付け、加工工場で革のブックケースを製作。
そのなかに写真集を収め、100部限定の特装版に仕立てました。

また、普及版でも皮の感触を感じて欲しいとの思いから、
革のような特殊紙「コルドバ」でつくった紙ケースに写真集を収め、
造本に工夫をこらしました。

被写体である労働者たちがなめした皮の感触と、写真のイメージが相まって、
この世界をさらに深く感じることができるでしょう。
きっとあなたも気にいるはずです。

写真:吉田亮人
装丁:矢萩多聞
64頁(予定)A5判並製・カラー・限定私家版


PHOTOGRAPHER AKIHITO YOSHIDA’S NEW PHOTOBOOK “Tannery” LIMITED EDITION PRE-ORDER AVAILABLE NOW.

Special Edition
Book with leather book case (made in Bangladesh) + Postcard
100 copies limited
Standard Edition
Book with paper book case
200 copies limited

Special editions are 13 rests!!

Pre-Order Form→http://www.akihito-yoshida.com/tn/


ABOUT THIS PHOTOBOOK “Tannery"

As a photo book, I wanted to people who take this book in hand feel the traces of
those leather tanning works. I made the leather book case for the book with the
tanned leathers which are made by those workers of the factories in Hazaribagh
by visiting there by myself in August 2015.
This photo book has 2 types of edition, one is special edition with the leather book
case which has only 100 copies, the other is as standard edition with special paper
case which is similar to leather.
I hope both photos itself and leathers bring you to experience the Hazaribagh.
Please not only just seeing photos, please touch and smell the book well, then
imagine how and where the leather come from. Enjoy it!

PHOTO : AKIHITO YOSHIDA
BOOK DESIGN : TAMON YAHAGI
64PAGE A5・COLOR・LIMITED EDITION

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-03 22:14 | 写真集
2016年 02月 03日

日経National Geographic写真賞2015

a0236568_21374023.jpg


a0236568_21355563.jpg


a0236568_2136967.jpg



National Geographic写真賞2015のピープル部門にて最優秀賞を頂きました。
作品はバングラデシュの造船所で働く人々を撮った「Shipyard」です。
2016年2月号のナショナルジオグラフィック誌に受賞作品が掲載されています。
ウェブはこちらから。

写真は2月1日に行われた授賞式にて。

[PR]

by yoshida-akihito | 2016-02-03 21:37 | その他